【30万円免除】テアトルアカデミーの入学金(費用)が免除になる特待生とはいったいなに?|雑食なんでもブログ。

【30万円免除】テアトルアカデミーの入学金(費用)が免除になる特待生とはいったいなに?

テアトルアカデミーに入学して
赤ちゃんモデルとして活躍したい!
けど、入学金が高い。

なんとか安くなる方法はないのか
調べていくうちに、どうやら
テアトルアカデミーには入学金
安くなる特待生が存在する?
という話を見つけました。

果たしてテアトルアカデミー
特待生は存在するのでしょうか。

所属している知人や数々の噂や
業界関係者の話をまとめてみました。

テアトルアカデミー特待生制度は存在する

テアトルアカデミーの
特待生制度は存在します。

これはテアトルに所属する知人が
同じくテアトルに所属するママ友から
聞いた話です。

レッスンが毎週一緒になるママ友と
話しているときに

そういえば、〇〇ちゃんって特待生らしいよ!
〇〇ちゃんのママが言っていたの~

という感じで特待生の存在を知ったそうです。

特待生だという方と知人は直接関りはなかったそうです。

しかし、それでもそういった証言をするママ友が3人いたそうです。

テアトル所属のママ友によると
特待生は存在するようです。

特待生に勧誘される2つのタイミング

テアトルのママ友情報によるとテアトルの特待生になれるタイミングは2つです。

  1. オーディション合格時
  2. 入学後、テアトルのホームページにピックアップタレントに載ること

オーディション合格時

どのような赤ちゃんが選ばれるのかは
全くわかりませんが

特待生だと言っていた3人中3人とも
オーディションに合格した際に
特待生の案内が入っていて
テアトルから電話がかかってきたらしい

テアトルママ
テアトルママ
本当は入学する気はまったくなかったんだけど、”特待生”って言われたら気持ちいいし、主人を説得して入学したの!
ママ友
ママ友
ちなみに、私は特待生の案内はありませんでした・・トホホ

 

入学後、テアトルピックアップタレントに選ばれること

テアトル入学後、活躍した赤ちゃんモデルは、テアトルアカデミーの「ピックアップタレント」として掲載されます。

このようにピックアップタレントになると特待生として様々な特典を受けられるということが、テアトルのママの中では
噂になっていたそうです。

ママ友
ママ友
私自身もピックアップになったことないし、テアトルママ友にもいなかったから実際のところはわかりませんが。。

 

特待生のメリットは入学金30万円が免除

入学時にテアトルアカデミーの特待生になれれば、入学金が免除になります。

実際に特待生のママは

テアトルママ
テアトルママ
入学金はタダで良いって言われたよ!

と言っていたそうです。

テアトルの入学金は2種類あり
高いコースだと約30万円弱します。

みなさん
みなさん
すごい!すごすぎる!!

約30万円がタダになるなら
テアトル入学しておむつのCMとか
「いないいないばぁっ!」に
出演したい!

おむつのCM・いないいないばぁっ!・ドラマ撮影・映画撮影などは事務所に所属していないと絶対にできない仕事です

事務所に所属したいけど
テアトルの入学金が高すぎて無理・・
と思っているなら

まずはオーディションだけでも
受けてみるべきです。

もし、あなたのお子さんが
特待生に誘われたら
入学しない理由はないですよね?

残念ながら特待生になれなくて
入学する気がないなら
入学を辞退すればいいだけの話です。

下記の記事にもあるように
入学辞退をしてもしつこい勧誘は
ありませんよ!

テアトルアカデミーのオーディション合格後の入学辞退の方法や実際の電話方法テアトルアカデミーの入学辞退する際の流れや断り文句をご紹介します。テアトルからの電話を無視していたらお金を請求されるの?など気になる部分についてすべてお答えします!...

さらに赤ちゃんモデルは
小さければ小さいほど
ライバルが少なくて済むので
おむつのCMやドラマに
出演できる確率は非常に高くなります。

迷っているくらいなら
試しにオーディションだけでも
受けてみるのもありですよ!

今の時期だからこそテアトルへ!

赤ちゃんモデルは早く始めたもん勝ち!

小さいころのほうが仕事の数が多く
またライバルも少ないからです。

「いないいないばぁっ!」応募の条件に
関する記事にも書いてありますが、「いないいないばぁっ!」に応募するにも年齢制限が存在します。

そういった点から考えても
赤ちゃんモデルとして
活動するならなるべく早くから
所属したほうが有利なんです。

お子さんの成長はあっという間です。

赤ちゃんモデルとしてかわいい時期を
逃さないように
ぜひチャレンジしてみてください!

今の時期だからこそテアトルへ!

 

こちらの記事もおすすめ