【2019最新情報】いないいないばあオーディション対策を出演者に聞いてきました|雑食なんでもブログ。
☆まずはこの記事☆           美形じゃなくてもいないいないばぁ出演

【2019最新情報】いないいないばあオーディション対策を出演者に聞いてきました

大人気教育番組「いないいないばぁっ!」の体操コーナー「わ~お」に出演させたいと考えたことのあるママやパパは多いのではないでしょうか。どこにも売っていないあの可愛い衣装を着たわが子が踊っている姿を見てみたい。

しかし、「いないいないばぁっ!」は倍率100倍とも噂される、おむつCMと並んで難しいとされる、赤ちゃんモデル最難関案件のひとつです。「いないいないばあっ!」のオーディションを勝ち抜くためにはしっかりとした対策が必要です。

そこで、実際に「いないいないばあっ!」に出演していた知人や業界関係者にどんな対策を行ったのか、どんな対策を行うべきなのかについて聞いた話をまとめてみました。

こちらの記事を含めて、芸能界に関する情報は、当事者ではないと、絶対に信用できる情報を入手するのは難しいです。100%信用できないかもしれないと思いながら読んでください

オーディション対策

  1. 書類提出月の中旬ごろに、提出するための横向きの写真を撮り始める
  2. いないいないばぁを映像なしで(音だけで)踊れるようにしておく
  3. 着ぐるみに慣れるようにワンワンのショーにいく
  4. NHKのスタジオパークに行ったりワンワングッズを増やしておき、ワンワンを目にする機会を増やす
  5. いないいないばあを見たり、踊ったりするのは3日に1回だけ

 

対策①書類提出月の中旬ごろに、提出するための横向きの写真を撮り始める

書類審査で重要なのは応募する際の写真です。絶対に納得のいく1枚を用意して、競争に絶対に勝ってください。妥協したら絶対に受かりません。

【2018最新情報②】いないいないばあ出演するためのオーディション内容の記事でも書きましたが、写真撮影のポイントはこんな感じです。

応募写真のポイント
  1. 笑顔(満面の笑みではなく、ニコリとしている程度)
  2. 完全なるカメラ目線
  3. 服装はきれいめ(冬場ならセーター。夏場ならカットソー)
    ※首は必ず出す
  4. 写真の枠ギリギリまで撮影
    ※ただし、絶対に見切れるのはNG
  5. 目の中に光が入るような向きで撮影

この5つのポイントをおさえた写真を用意するためには、撮影日数が必要です。動き回る年頃の子供の写真を撮るのは想像以上に難しいものです。

  • 機嫌のいいタイミング
  • 顔にすり傷などがない(けがをしていない)

というときに、普段の家事などをこなして、すきま時間を見つけ、上の5つの条件をクリアする写真を撮らなければいいけません。

いいですか?

1日じゃ絶対になかなかいい写真が撮れません。

3日くらいは必要です。

知人
知人
うちの子供もめちゃくちゃやんちゃなので、写真を撮るのは苦労しました。

業界関係者
業界関係者
早くから写真を撮る必要があるとは言っても何か月も前から写真を撮るのはやめましょう。お子さんの最新の髪形や体形が知りたいので何か月も前の写真だとよくありません

 

対策⓶着ぐるみに慣れるようにワンワンのショーにいく

ステテコ
ステテコ
これ結構大事だそうです。目の前で実際に動くワンワンを見て慣れておきましょう!
知人
知人
うちの子供も最初は着ぐるみを怖がっていましたが、ワンワンに限らず、いろいろな着ぐるみにあわせていたら耐性つきました

ただ、お子さんによっては、着ぐるみに会い続けることでトラウマになる可能性もあるのでさじ加減が必要です。

もし、お子さんが着ぐるみに怖がっている場合は、絶対に無理やり着ぐるみに近づけてはいけません。こどもの嫌がらない距離で見守るのでもOKです。

知人
知人
近づけない場合は、「リスさんだよ!かわいいねー!」

その場を離れるときは「楽しかったね!リスさんかわいかったね!また会いたいね」とポジティブな声掛けをする・・といったことを気を付けていました。

 

大事なのは

子供の嫌がらない範囲で楽しく着ぐるみと接触する

ということです。

 

子供が楽しく着ぐるみと遊んでいないと赤ちゃんモデルママとしては焦っていらだってしまいます。ただ、ここで怖がっているものに無理やり近づけたりイライラしているママパパの顔を見せると子供には

 着ぐるみと会う=いやなことをされる。ママパパが怖くなる

という印象をうえつけてしまうのでご注意ください。

着ぐるみならなんでもOKですが、本物のワンワンに会うのが一番ですよね。もし、間に合うようでしたらぜひ2018年最新【保存版】いないいないばぁっ!のワンワンに無料で会える方法の記事を参考にワンワンに会いに行ってみてください。

 

 

対策③ワンワングッズを増やしておき、ワンワンを目にする機会を増やす

ステテコ
ステテコ
かなり単純な対策かもしれませんが、子供は街中でも友人の家でも見慣れたものに反応し、ご機嫌になります。

なので、赤ちゃんのころから身近なところにワンワングッズを置いたり、遊んだりしてワンワンを見慣れたものにしてみてください。

知人
知人
いないいないばぁのレギュラーだった子たちも、目の前にワンワンが出てきたらかなりテンションが上がってご機嫌に踊り、収録終わりでワンワンとバイバイするときには、号泣するような子が続出するくらいワンワン好きが多かったです。

 

実際に知人はこんなグッズを買って身の回りで使ったり、遊んだりしていたそうです。

created by Rinker
マルカ
¥750
(2018/12/11 19:11:45時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
マルカ
¥750
(2018/12/11 19:11:45時点 Amazon調べ-詳細)

もうすでに何か持っているなら不要ですがまだ何も持っていないという方は、何かしら身の回りにおいておくことをおすすめします。

 

 

いないいないばあを見たり、踊ったりするのは3日に1回だけ

これ・・・・きちんと準備しよう!オーディションに備えよう!っていうママパパにぜひお伝えしたいです。

わ~お!は練習しすぎないでください。
最悪、子供が飽きます。

業界関係者
業界関係者
子供は繰り返し作業は好きですが、まいにち練習すると飽きる子供もいるようですよ

ちなみに、実際にいないいないばぁっ!に出演した知人は

振付を覚えるまでは3日に1回

振付を覚えてからは5日に1回

のペースで見せていたようです。

 

次の記事をよむ
いないいないばぁに出演するには、NHK受信料支払いは必須なのか?大人気教育番組の「いないいないばぁっ!」の体操コーナーわ~おに出演するのに、NHKの受信料の支払いは必要なのでしょうか?倍率100倍と噂されるオーディションを合格しても受信料を払っていなかったら不合格になるのでしょうか?出演者に聞きました。...

 

こちらの記事もおすすめ