赤ちゃんモデルオーディション・仕事の現場に必須アイテムのご紹介|雑食なんでもブログ。

赤ちゃんモデルオーディション・仕事の現場に必須アイテムのご紹介

赤ちゃんモデル事務所に所属してから行く、お仕事のオーディションに行くのは非常に大変です。厳しい書類審査に受からなければオーディションには絶対に呼ばれません。しかし、さっそく呼ばれたオーディションで失敗はしたくありません。

たくさんある赤ちゃんモデル事務所、そしてたくさんの赤ちゃんモデルのなかから選ばれてオーディションに行けるのってほんとーーーにすごいことです。貴重なので無駄にはしたくないです。

ただ、オーディションに行くのは非常に大変です。

機嫌がよく・お腹が満たされ・昼寝もばっちりで眠くないように、赤ちゃんを最高の状態で、オーディションに参加できるか否かは、会場に連れいていくママパパ次第です。

さらに、赤ちゃんを最高の状態にもっていきながら、体重5キロ以上の赤ちゃんを抱っこし、大量の荷物をもち、電車の中でぐずる赤ちゃんをあやし、オーディション会場にたどり着くのは本当に大変です。

この記事では、赤ちゃんモデルとして活躍している知人から教えてもらった、オーディションの大変さを少しでも軽くするための、役だったアイテムをご紹介します。

オーディション会場・仕事現場に持って行くべきもの

オーディションに行く際の服装

オーディションで目立つための服装の工夫

オーディションに行くときの服装については、以前書いたテアトルアカデミー宣材写真おすすめの服装(写真付き)に載っているような服装でOKです。

ママ友
ママ友
ここでは私が1歳以降の、歩けるようになっている子供のオーディション時に、目立つために(印象に残りやすいように)していたちょっとした工夫をご紹介します。

オーディションで目立つための工夫とは、靴の色を派手にするという方法です。

赤ちゃんモデルで大切なのは、赤ちゃんらしく子供らしく!なので、服装はTHE・おしゃれな服装ではなく、子供らしい元気なデザインと色にすべきです。

ただし、書類審査を突破したとはいえ、オーディションにくる赤ちゃんモデルの数も相当なものです。

靴で子供らしい、明るく元気な雰囲気を演出するのです。

靴が原色だとかなり目立つので、オーディションの際にはよく靴を原色にしていきました。
実際に履いていたのはこの靴です。

created by Rinker
asics(アシックス)
¥3,341
(2019/01/19 05:38:05時点 Amazon調べ-詳細)

ママ友
ママ友
原色の靴って他の子はなかなか履いてこないので、オーディションではよく履いていっていました。
制作スタッフ
制作スタッフ
あの赤い靴の子いいわね~

っていう感じで覚えてもらえるかと思い、派手な靴戦法を取り入れていました!

ステテコ
ステテコ
あくまで目立つようにするのは服装のほんの少しの部分だけです。

発言内容や行動で目立つように行動するのは避けましょう。特にテレビや映画では空気が読めないママパパは嫌がられますよ。

 

 

透明な色の飲みもの

飲みものでオーディション惨敗した経験談

オーディションや仕事現場に持参する子供の飲みものは必ず透明な飲み物にしましょう。

なぜなら、こどもの服装や、オーディション会場・撮影場所を汚さないためです。

ママ友
ママ友
実は私、昔これで大失敗したことがあります。

オーディションで名前が呼ばれる直前に飲みものが飲みたいといいだした子供に、アンパンマンのパックの野菜ジュース(オレンジ)をあげてしまいました。

わが子はまだ力加減がうまくできず、野菜ジュースのパックをストローがついた状態で、ぶしゅっ!!と押して、盛大に野菜ジュースを噴射させてしまいました。

会場を汚してしまい、平謝りしましたが、このとき何がまずかったって、

  1. 野菜ジュース(オレンジ)がよりによって白いTシャツにかかってオレンジ色に ※色が飛び散っただけなので、子供が冷たさを感じるほどビショビショではない
  2. 会場と洋服を汚してしまったので親がめちゃくちゃ動揺した

ということです。

ママ友
ママ友
着替えは用意していたのですが、非常に慌ててしまいました・・。
制作スタッフ
制作スタッフ
お洋服汚れててもそのままで大丈夫ですよ~
ママ友
ママ友
言われるがままにオレンジ色のTシャツでオーディションを受けました。あわあわと動揺していたのがこどもにうつったのか、人見知りしていない時だったのに、泣き出してしまったのです・・・。

 

ふた付きのマグに、透明な飲み物をいれて持参するのがベスト

この経験から知人は、こどもの飲みものは必ずふたのついた、リッチェルのマグに、透明なビーンスタークのポカリスウェットいれて持参するようになったようです。

created by Rinker
リッチェル
¥1,146
(2019/01/19 05:38:05時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ビーンスターク
¥648
(2019/01/19 05:38:06時点 Amazon調べ-詳細)

リッチェルがおすすめな理由

  1. ふたがついている
  2. 万が一落下させてもストロー部分が汚れない確率が高い
  3. デザインがかわいい
ママ友
ママ友
注目すべきは②の”万が一落下させてもストロー部分が汚れない確率が高い”です。
私は、以前ドラッグストアで安く売っていたピジョンのマグを使っていました。

ママ友
ママ友
しかし、このマグだとストローが常にむき出しになっているため、落下した際にダイレクトに床にストローが触れてしまいます

その点、リッチェルのマグだと落下しても絶妙なふたの傾き具合でストローをふたが守ってくれます。

こどもは飲みものをよく落とします。なので、その都度ストローを除菌ティッシュで拭いていたら大変です。

除菌ティッシュをカバンの中から出し、ストローを拭いて、拭いた除菌ティッシュのごみをしまい、子供にわたす。

ステテコ
ステテコ
こういったちょっとした作業がないだけでも行きなれないオーディション会場や仕事現場ではぐっと楽になるようです。

created by Rinker
リッチェル
¥1,146
(2019/01/19 05:38:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

ビーンスタークがおすすめな理由

  1. 透明
  2. 甘くておいしいから子供はみんな好き

ビーンスタークのポカリがおすすめなのは2つの理由からです。

正直、お子さんが好きならお水でもOKです。透明ならなんでもOKなので、好きなものをマグにいれてあげましょう!

 

気を紛らわせる音のでないおもちゃ

オーディション会場ではもちろん、ドラマ撮影などの映像の現場では、音の出るおもちゃは、カメラが音を拾う可能性があるため、厳禁です。

音がでないおもちゃの中でお気に入りのものを持っていきましょう!

 

グミ・アメなどのお菓子

こどもが1歳未満ならお菓子はソフトせんべい一択でしょう。1歳以降で、すでにグミ・棒付きのアメが解禁されているなら、持参するお菓子はグミ・アメがおすすめです。

なぜなら

  1. せんべいなどのスナック菓子と違い、お菓子のカスがでない
  2. 食べているときに、ボリボリなどの音がしない

からです。

音が出ないおもちゃでもそうでしたが、オーディションや現場の撮影を邪魔しない範囲で用意するのがデキる赤ちゃんモデルママです。

ぜひグミ・アメが解禁されているようなら持っていきましょう!

 

3色ボールペンとお絵描き帳もしくはふせん

こどもはお絵描きがすきなので、お絵描きセットは必須です。

普段使っているクレヨンだと、かさばってしまうので、オーディション現場・撮影場所などでは、1本で済むように多色のボールペンを用意しましょう。

書くものとしては、お絵描き帳のようなものでもOKなのですが、個人的におすすめなのはポストイットなどのふせんです。

ふせんは、貼ってはがせますよね?こどもはあの、シールのようにペリッとはがして貼る作業にも夢中になってくれます。

大きめのふせんにお絵描きをして、飽きたら、シールとして遊ぶというのが荷物が少なくて済み、おすすめです。

created by Rinker
コクヨ(KOKUYO)
¥179
(2019/01/19 05:38:07時点 Amazon調べ-詳細)

さて、もういちど言いますが、お絵描きセットは必須です。

ママ友
ママ友
というのも、以前のオーディション会場で、お絵描きセットを持ってきて絵を描いている子を見つけたわが子。
お絵描きセットを持参していなかったステテコは、その要望に応えられず。

そこから、「お絵描きしたいのにー!!」と子供が駄々をこね始め、機嫌は最悪。

オーディションは終止符機嫌だったため、惨敗でした。

ステテコ
ステテコ
お絵描きセットを持ってきている子は多いです。子供に言われてすぐに出せるように、用意しておきましょう!

 

シールブック

シールはとにかく最強です。機嫌が悪くても、シールさえあれば結構どうにでもなります。

さらに、音が出ないおもちゃなので、現場にも迷惑かけずに、子供が楽しく遊べます。

好きなキャラクターのシールブックを何冊か用意しておくことをおすすめします。

  1. 服装はこどもらしく。靴を派手にして目立つ工夫
  2. 透明な色の飲みものをマグにいれて持参
  3. おもちゃは、音の出ないものにし、現場に配慮しよう
  4. お絵描きセット・シールブックがおすすめ

 

こちらの記事もおすすめ